トイレのトラブルは水道修理業者?メーカー?業者選びは何で変わる?

水回りのトラブルを自分で修理していませんか?

トイレの水道修理はトイレメーカーに依頼することもできる

トイレの修理の場合、水道修理専門の業者に依頼する方法と、トイレメーカーに依頼する方法があります。最新のトイレでは、特殊な機能を搭載した便器ウォシュレットが人気ですが、このようなトイレはトイレメーカーに依頼したほうが良いこともあります。

トイレの水道修理での業者の選び方

トイレの水道修理のポイントを教えてください。
トイレの水道トラブルを直すには、トイレの構造を細かく把握していなくてはいけません。トイレのタンクの中は、複雑な構造をしていて、それぞれのパーツが各機能を正しく発揮して正常に動いているのです。一つでもパーツが機能していないと、水が流れなかったり、流れっぱなしだったりするトラブルになります。トラブルが大きくならないためにもトイレメーカーに依頼したほうが良いでしょう。

国内大手のトイレメーカーとは?

TOTO
TOTOは、トイレを流すときに使用する水を減らすための取り組みがあります。従来のトイレは水の使用量が13Lでしたが、2009年には4.8Lの商品を開発し、大幅に流すときの水を減らすことができました。さらにネオリストは4.8Lから3.8Lまで水の量を減らし、さらなる節水の進歩を遂げました。大幅な節水を実現したTOTOのトイレは家系と環境に優しいトイレと言えます。
LIXIL
LIXILのトイレは、シャープのプラズマクラスターイオンが搭載されており、臭いの原因菌やカビ菌を除菌してくれます。さらにプロガーコーティングにより綺麗で清潔なにする効果を約15年保つことが出来ます。そしてウォシュレットは洗浄力にこだわり、好きな水圧で洗浄することが出来ます。快適で清潔を長く保つことが出来るのがLIXILのトイレの特徴です。

まとめ

最新のトイレはより複雑な構造で性能を発揮しています。トラブルの際に自分で水道修理をすると性能を発揮できなくなります。また、専用部品の故障の場合はトイレメーカーに依頼したほうが早いです。トイレの水道修理業者を探している人は、トイレメーカーも検討しましょう。

TOPボタン